有料老人ホームの基準について

高齢社会になってかなり注目されている有料老人ホームとは、いったいどういうものなのでしょうか。

実際に有料老人ホームの基準としては、厚生労働省がその基準を決めています。
老人福祉法によって定められていて、簡単に言えば、老人が入居し、入浴や排せつ、食事に関して提供を行う施設となっています。
そして、有料老人ホームは3種類に分類されていて、
一つは健康型有料老人ホーム、一つは住宅型有料老人ホーム、もう一つは介護つき有料老人ホームとなっています。

さて、有料老人ホームですが、以前はお金のある老人が入居するもの、なんて思われていることもありました。
ですが現在ではちょっと違っていて、いろいろな方が入居している施設となっています。
メリットはいろいろとあって、例えば突然調子が悪くなったときでもすぐに対処してもらえるとか、
食事の世話や介護などもしてくれるので、家族の負担が軽減される、なんて言うのもメリットといえます。

また、食事に関しては、自分で作ることができる人は自分で作れるし、
また、作れない人は食事を用意してもらうことが可能となっています。
ただ、これに関しては施設によっても基準が違ってくるので、
入居する前にしっかりと調べておく必要があります。

ちなみに、前述したように、有料老人ホームには3種類あります。
中でも多いのが、介護月有料老人ホームとなっています。
これは、介護サービスをう受けられる老人ホームで、
要介護状態の人でも入居できる老人ホームとなっています。

介護の面で言えば、住宅型有料老人ホームは、介護が必要になった場合は在宅介護サービスを使うことになります。
また、健康型有料老人ホームの場合は、要介護状態となった場合、契約解除をし、その老人ホームから退去しなければなりません。

ということで、有料老人ホームと一言で言えば簡単ですが、実は3つに分かれていること、
また、それぞれで特徴が違っていることは知っておく必要があります。


WordPress Themes