実家を売却し母を有料老人ホームへ

一人暮らしになった母が、先日お風呂で転倒し脚を骨折して
入院生活を送りました。
兄夫婦は関西、私は埼玉県に住んでいます。
九州の母は、兄と同居するために、親戚や友人と離れて関西に転居
するのは嫌だと首を縦に振ってくれません。
怪我や病気の心配もあるので、実家の田畑を処分し入居一時金
工面して、有料老人ホームへ入居させました。
実家から徒歩10分ぐらいの立地なので、これまでの交友関係が
壊れることもありません。
外出や外泊も自由です。
個室完備のマンションタイプで、介護付きの終身契約です。
現在はまだ自分の事は自分で出来ますが、食事の用意も必要ない
3食付で、他の入居者と一緒にテーブルを囲むので、食事の時間も
楽しいようです。
個室の清掃もホームの職員が行ってくれるので、老いた身体に
鞭打って掃除機をかけたりする必要がなくなりました。
お風呂や居室に非常ベルの設備があるので、何かあった時に
ケアしてくださる人がいるのは、本人も私達家族も安心です。
心細さから解放してあげるのも、親孝行の一つだと改めて実感しました。

WordPress Themes