高齢化社会をどう考えるか

近い将来、高齢となる両親をあなたは有料老人ホームに預けることが出来ますか。
老人ホームと聞くと、いまだに嫌煙されがちですよね。
でも今、日本は高齢大国となりつつあります。
私たち1人が背負う、高齢者と言われる数は年々増えていきます。
私自身で考えても、姉妹で自分の両親の面倒を必ず看られるかと言われたらYESと自信をもって答えられません。
そこで、頼らざるを得ないのが高齢者サービスです。
両親の近くに住んでいたり、同居している場合は在宅ケア、訪問入浴などのサービスを使うのも良いですが、状況に寄りホームへ入居して貰うのがベストの選択でもあったりします。
有料老人ホームの良いところは、サービスを選べるということです。
老人保健施設などと違い、営利目的の民間企業が運営していますので入居者はお客様であり、そのサービスを選ぶことが出来ます。
ある施設では、頻繁に外に連れ出してくれて芸者さんを呼んだり、手先を使ったイベントを企画してくれたりします。
またある施設では、ホテル並みの設備が用意されていて、介護スタッフの数も多くついてくれます。
もちろん、見合った代価が必要になります。
自分たちで看きれない大切な人をお願いする訳ですから当然のことと言えるでしょう。
また、介護スタッフの育成に力を入れているところは、その対応が必ずスタッフに現れます。
ゆとりを持って働けないスタッフが、入居者に思い遣りを持って接することなど出来る訳がありません。
希望する有料老人ホームが、信頼出来る場所であるかどうか、是非納得出来るまで見学や質問を繰り返してください。
自分の目で必ず見てください。
罪悪感なく家族を送り出せる人はいないと思いますが、ここを選んで良かったというホームは必ずあります。
そして出来るだけ、ホームとご自宅は近い方が良いと思います。
きっと家族の笑顔が1番の安心感だと思います。
1件でも、家族の代わりとなって支えてくれるホームが増えるよう、若い世代も働きかけていきましょう。


WordPress Themes